草津道/大笹街道 上州からの善光寺参りの道

草津道
 北国街道 新町宿/徳間道標に「右 飯山 中野 渋湯 草津道」と刻まれている。道筋としては飯山街道より、中野を経由して草津に至ルート 松代街道、谷街道より中野を経由して草津に至るルートを示していると考えます。ここでは、草津より中野本陣までの道筋、草津道の枝道として、湯田中から鋒山峠を越え中野に至り小布施にて谷街道に合流する道筋および沓野より佐野から更科峠を越え箱山峠越えのルートと合流する道筋を掲載いたしました。草津道は江戸幕府が定めた街道ではなく、宿場、関所がない「裏道」としての利用が主であり、「入り鉄砲、出女」の監視が厳しい時代において、多くの女性が善光寺詣でに利用していた道と推測します。

 草津道道標
 道標  庚申塔道標   円慶寺 庚申塔道標
  左 やま道 右 しぶ道   是より右いいやま 左善光寺   右 湯田中 左 山道
         
   
 道標   穂波庚申塔道標   箱山道標
  右 飯山道 左 善光寺道    右 松代街道 左 菅・山田    右ハかくまみち 左たなかしぶみち
       
道標  戸狩馬頭観音道標  更科峠大坂馬頭観音道標
 左 中野道 右 作場   右ハ湯道 左ハ山道   右ハさむさはみち 左田中志ぶかくま
       
 月宮院道標    道標    道標
   右ハ山道 左ハ田中道     右 田中 左 村中     左 中野 右 新野
         
    右ハ山道 左ハ田中道    
       
       
大笹街

草津道/大笹街道

古道あるきは、「石仏のオリエンテーリング」
路傍の石仏、特に道標、馬頭観音を捜しながら歩きましょう。

GALLERY


草津道:草津ー渋峠ー渋湯ー中野



草津~渋峠

渋峠~中野
 渋峠から硯川までは、志賀草津道路、スキー場開発により草津道は無くなっており、部分的に遺っていても歩くには困難な藪となっている。硯川より、地図上では「旧草津道」と記されている、草津峠へと向かう草津新道が分岐している。明治19年に開削された道である。草津峠より、横手山の北側を巻く道であった。渋峠からの道に比べ傾斜が緩和であることから開削されたが、北斜面故に積雪による通行困難な期間が長く利用頻度が少なく荒れ、使われなくなった。しかしながら、
①草津峠~硯川の傾斜が緩やか
②古道故の雰囲気が遺っている
③渋峠~硯川は、国道/ゲレンデ
したがって、ここでは、渋峠ー横手山ー草津峠ー硯川のルートを紹介しおすすめします。
渋峠親子地蔵 江戸時代沼田の子宝に恵まれず、祈願のため渋温泉に湯治にきて願いが叶いそのお礼に祀った
 横手山熊野社        ノゾキ/国道
         
 草津峠        
         
         
         
         
         
         
         
三十三番三十二番観音 法坂(現サンバレースキー場ゲレンデ)
三十三番十一面観音
三十二番千手千眼観音
三十番千手千眼観音
三十一番千手十一面観音 三十一番千手十一面観音は一沼の畔に佇む
二十九番馬頭観音
二十八番聖観音
二十七番如意輪観音
二十六番聖観音
         
沓打茶屋跡
二十五番千手観音
二十四番十一面観音
二十二番千手観音 二十三番十一面千手観音
二十二番千手観音
二十一番聖観音
二十番千手観音
十九番千手観音
十八番如意輪観音
十七番十一面観音
十六番千手観音
十五番十一面観音
十四番如意輪観音 未定
十三番二臂如意輪観音 未定
十二番千手観音
十一准胝観音
十番千手観音
九番不空絹索観音 馬頭観音
八番十一面観音
七番二臂如意輪観音 大山延命碑
六番千手千眼観音
五番一一面千手観音
四番千手観音
観世音
二番十一面観音
 三番千手千眼観音        
 三番千手千眼観音        
西国三十三観音 如意輪観世音
大山延命碑 古道の道筋 大山延命碑
灌漑頌徳碑 石碑 天川神社
馬頭観音群
はばの弘法さん 馬頭観音
石碑 石碑
石仏群 双体道祖神
 石仏群    渋湯神社    石碑
         
 魚藍観音 六地蔵    魚藍観音    
 地蔵様    道標   延命煙草地蔵
      左 やま道 右 しぶ道  
         
   
 石碑    梅翁寺    
         
 如意輪観音    湯宮神社    神輿
         
 道標     右 飯山道 左 善光寺道    
         
 石仏群    双体道祖神 庚申塔 馬頭観音    
 お稲荷さん        
 馬頭観音        
         
 庚申塔道標     是より右いいやま 左善光寺    千手観音
         
 
 夜間瀬本郷東町古墳群    筆塚    
 実相寺        秋葉大権現
         
 市神/馬つなぎ石    石碑    
 若宮堰石橋        
 石仏群        
     石仏    
         
 円慶寺 庚申塔道標    右 湯田中 左 山道    石仏群
         
 石仏群      
 阿弥陀地蔵尊        庚申塔
         
 鈴泉寺    陣屋の井戸    
         
 中野陣屋跡        

沓野~佐野~箱山峠~中野~更科
さくら地蔵石仏群
庚申塔道標 右僧旧跡 左角間草津
興隆寺山門
 石仏    馬頭観音    
佐野庚申塔道標  右 松代街道 左 菅・山田
 双体道祖神    諏訪宮地    
         
道標  左 中野道 右 作場
  作場は田畑のことで、行くなとの意
 石仏群        石碑
         
         
箱山道標 石仏群
 右ハかくまみち 左たなかしぶみち
   
         
         
 北向観世音        泰清寺六地蔵
         
 石碑        
         
 王日神社        
         
 高梨城跡        
 小田中神社        
石仏群 庚申塔 秋葉様
地蔵様
庚申塔 馬頭観音

湯田中~戸狩~箱山峠~中野~更科
 道標     右 飯山道 左 善光寺道  
       
 戸狩馬頭観音道標
 右ハ湯道 左ハ山道
       
 戸狩石仏群        
 稲名寺        
         
         
         
         

佐野~更科峠~篠井~大熊~小布施
   
佐野庚申塔道標    庚申塔
 右 松代街道 左 菅・山田    
 大坂馬頭観音道標    右ハさむさはみち 左田中志ぶかくま    
 
 更科峠        
 更科峠石仏群        
馬頭観音道標  右田中 左中野 があったとされる
         
         
 月宮院道標     右ハ山道 左ハ田中道    
 石碑        
         
 石仏群        石仏群
         
 月宮院 石仏群     七観音     六地蔵
         
   
 地蔵尊    石仏群    新井舟着神社
         
         
         
 道標    石仏群    
  右 田中 左 村中        
 庚申塔        石仏
         
 石仏    石碑    
         
 石仏群        
 観世音菩薩      
 馬頭観音群        
 道標        庚申塔
  左 中野 右 新野        
 延徳神社    庚申塔  
       
馬頭観音    石仏群    高札説明版
       
   
 下高井郡延徳村道路原標    石仏群    
         
 
 庚申塔    石仏群    庚申塔
         
 
道祖神    白山姫神社    
       
釜上地蔵 コレラ供養    
   
石仏        
 都住村道路元標    石仏群    
 石仏群    双体道祖神    
 中條神社        石碑
 桜塚観世音        
 西永寺        
       
       
         
       
       
         
         
         
       
       
         
         
         

大笹街道



大笹

    

コンタクト

top↑