当サイトにおいては、北国街道を中山道追分宿にて分岐し、善光寺を経て直江津までの街道と定義し、善光寺街道、北国脇街道とも呼ばれる街道である。
北国街道は、当初は、松代道/北国東往還と言われる千曲川を福島宿まで進み、「市野渡し」にて、千曲川を和渡り、谷街道/飯山街道に合流し、善光寺へ向かう道と越後へ向かう北国街道に分岐していた。慶長16年(1611)北国街道に善光寺宿、丹波島宿、矢代宿が開かれ、千曲川を「矢代の渡し」にて渡り、丹波島宿と善光寺宿の間に「犀川の渡し」が置かれた。そして善光寺へと向かう道の主流は、松代道から犀川を渡る道へと変た。千曲川を犀川は大水のたびに川瀬が変わり、それに応じて渡る位置が変わり、「丹波島の渡し」「市村の渡し」「綱島の渡し」が使われた。明治維新までの260年間犀川の渡しは、街道の往来を支えた。

追分宿~海野宿
追分宿~小諸宿~田中宿~海野宿

   
   


上田宿~矢代宿
上田宿~坂木宿~戸倉宿~矢代宿

   
   


丹波島宿~野尻宿
丹波島宿~善光寺宿~新町宿~牟礼宿~柏原宿~野尻宿

   
せんく王うし道道標    飯山街道分岐道標  
         


善光寺七名所/善光寺四十九名所
善光寺近辺の寺院、神社、池、清水、小路、橋、塚につき、江戸時代中期からまとめられ、
後期にはそえぞれ7か所づつ名所として校正されているが、出典によっても差異がある。
当サイトは、古道の道筋をあるくことに重点を置いているので、善光寺周辺の寺院、神社等
史跡は多数あり、この七名所またはその由来史跡で現在確認できる場所を掲載しました。
出典によっても名称の表現、場所等に違いがありますが、適当に判断し掲載しております。


善光寺七寺  
       
本願寺長野別院    往生院    時丸寺    十念寺
             
  画像に含まれている可能性があるもの:テキスト  
 正覚院    無常院   明行寺    光明院妙観寺
          現存せず

善光寺七社  
       
湯福神社   武井神社   妻科神社    美和神社 
             
   
 加茂神社    木留神社   柳原神社   
         

善光寺七池    
             
 阿闍梨池    花池   無方池     有方池 
             
 来間池    鶴ノ目池  狐ケ池    鏡池
             
 箱池      

 善光寺七清水  
        画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外、自然、水  
箱清水     一盃清水   瓜割清水    傾城清水  
             
           
 柳清水    夏目清水  垢清水   諏訪清水(準清水) 
             

善光寺七小路    
             
羅漢小路     桜小路    法然小路     上堀小路
         
 下堀小路    花屋小路  馬小路    虎小路
       
       
       

善光寺七橋    
           
 駒返り橋    筋違橋   応田橋     
             

善光寺七塚    
       
 佐藤兄弟塚    虎が塚   柏崎塚    時丸塚 (円通寺)
             
         
 姫塚    行人塚/木留神社        
             


関川宿~高田宿
関川宿~田切宿~関山宿~二本木宿~新井宿~高田宿



北国街道 松代道
松代宿~川田宿~福島宿~長沼宿~神代宿~高田宿

北国街道

古道あるきは、「石仏のオリエンテーリング」
路傍の石仏、特に道標、馬頭観音を捜しながら歩きましょう。

GALLERY


追分宿~小諸宿~田中宿~海野宿



上田宿~坂木宿~戸倉宿~矢代宿



丹波島宿~善光寺宿~新町宿~牟礼宿~柏原宿~野尻宿

篠ノ井追分       石碑
 右京いせ道 左江戸街道の道標が立っていた。篠ノ井追分宿の碑が建てられているが、篠ノ井は宿場ではない。     
       
供養塔  せんく王うし道道標    
     
 
 歯瘡医殿/はくさんさん        
         
       
 秋葉神社 天神        庚申塔
         
 地蔵菩薩 薬師如来        井戸
         
 原村役場跡    蓮香寺    明治天皇原沸膳水
       
 中津村→昭和村役場跡    石碑    
         
 北原大仏        
         
 北原天満宮       道祖神  
         
 唯念寺    道祖神    新田共同井戸
         
 浄生庵(観音堂)    桝形    
         
 於佐加神社    鐘馗さん飾り瓦    
         
 石燈籠    高札場    丹波島本陣
         
 桝形    木戸跡    丹波島の渡し碑
         
   現在の犀川と裾花川合流点
  慶長16年(1611)北国街道に善光寺宿、丹波島宿、矢代宿が開かれるともに「犀川の渡し」が置かれた。千曲川に置かれた「矢代の渡し」とともに重要な役目を担い、善光寺へと向かう道の主流は、松代道から犀川を渡る道へと変わっていった。犀川は大水のたびに川瀬が変わり、それに応じて渡る位置が変わり、「丹波島の渡し」「市村の渡し」「綱島の渡し」が使われた。明治維新までの260年間犀川の渡しは、街道の往来を支えた。
 丹波島橋石燈籠    水神宮    
         
     馬頭観音    
         
 姫塚    吹上地蔵堂    
 善光寺七塚        
         
 蓮心寺    木留神社/行人塚/高札場    善光寺七社 善光寺七塚
         
         
         
         
         
   
 西宮神社    柏崎塚 地蔵尊    
      善光寺七塚    
         
 
 祠・道祖神        石仏
         
 一里塚跡・延命地蔵        
         
 横山社子神社    時丸寺    
     善光寺七社    
 欅巨樹    圓通寺    時丸塚 善光寺七塚
         
 美和神社        
  延喜式神社 善光寺七社        
         
 道祖神 庚申塔    延命院    
         
   
 皇足穂吉田大御神宮       延喜の時代、全国68州の一ノ宮
       
   
 善敬寺    吉田の道標    須坂 山田温泉 草津 小布施
         
   
 茂呂何丸翁生誕之碑        天周院 六地蔵
         
   
 茂呂何丸翁句碑    他力橋    浅川
         
   
 真照庵        問屋本陣と高札場跡
         
 稲田神社    圓通庵    六地蔵
         
 飯山街道分岐 道標   右 飯山 中野 渋湯 草津 道  左 北國往還  
         

北国街道旧道
   
   
吉田の大イチョウ        
         
 稲田のエノキ    稲積一里塚    
 稲積村熊野社の宮跡に立つ、古道はこの付近を通っていた。    新町宿ができる前の北国街道は、この2つの一里塚の間を通っていた。 
         
    

コンタクト

top↑