道の呼称/定義は多くの人が理解できる名称であるべきと思うが、江戸時代に整備された街道を除けばそれぞれに決定するには難しい点がある。越後より、飯山を貫け、千曲川を遡上し善光寺へと向かう谷街道は定義するのに頭を悩ませる。そこで、ここでは下記のように定義させていただいた。
飯山街道 :越後荒井ー富倉峠ー飯山ー上今井ー神代ー浅野ー新町道標
十日町街道:小千谷ー雪峠ー中条ー十日町ー寺石ー森ー戸狩ー飯山
谷街道  :十日町ー宮野原ー飯山ー中野ー小布施ー須坂ー屋代ー稲荷山 
    松代街道と重複する、小布施ー屋代は北国街道(松代街道)に記載
 十日町街道道標
     
     
     馬頭観音道標   馬頭観音道標
   左 善光寺
右 やまみち
   右ハせん光し
         
 
 歌碑道標    信越国境道標    西大滝道標
 従是善光寺街道〇石橋        左 ゑちご道 右 さくば
   
 西大滝道標    道標    庚申塔道標
 左 ぜんこうじ 右 やまみち    右上境ミち 左市川谷道    右のさハ 左とがり
         
飯山街道道標
   
 新井道標   馬頭観音道標   柳原道標
道標
 右 善光寺 左 飯山道    台座に「左たかだ」と刻む ←冨倉ヲ経て新居町に至ル ↓飯山町ニ至ル →南条を経テ外様村ニ至ル
     
 庚申塔道標  永江道標  大倉道標
 台座に 左たかだ 右とかりと刻む   左ぜんかうじみち 右とがくしみち     右ハ飯山道 左ハ牟礼 針木道
   
 神代宿道標  石村南の道標  石村北の道標
   是ハ善光寺みち
 これより右せんく王うしみち
  右 飯山 中野道 左 山道    右長秀院道 左山みち
 三才道標 新町宿道標
  右善光寺  右 飯山 中野 渋湯 草津道 左 北國往還
     
古道あるきは、「石仏のオリエンテーリング」
路傍の石仏、特に道標、馬頭観音を捜しながら歩きましょう。

GALLERY

飯山街道
 小千谷 雪峠 中條 十日町
         
 水沢 芦ケ崎 寺石 森
         
     古牧神社
       
 
 馬頭観音道標    左 善光寺
右 やまみち
   
岸段丘展望台    
   熊野社    
       
 石仏群    庚申塔    
 石碑    上田小池諏訪神社    祠
         
 矢放神社 石仏群      庚申塚
 馬頭観音道標    右ハせん光し    
 十二八天宮    地蔵様    
 歌碑道標    従是善光寺街道〇石橋    石仏群
         
 住吉神社    吉祥寺    
         
 上郷お堂        
 千曲川/信濃川眺望        石仏群
         
 
 信越国境道標        
         
 西大滝 桑名 温井 飯山
         
      飯山線横倉駅近く
     
 横倉十王堂石仏群   六地蔵    
 石仏群        
 光厳寺        
 健三滝神社    石碑    
         
 石仏群    善光寺と彫られた供養塔    
 高久山神社        
         
 
 西大滝石仏群        
 大灘神社        
         
 西大滝道標        左 ぜんこうじ 右 やまみち
 左 ゑちご道 右 さくば        
 石仏群    馬頭観音    
 石碑    名立神社    
         
         
         
         
         
         
 石碑    道標    
     右上境ミち 左市川谷道    
 五輪塔        
 石仏    庚申塔    順慶寺
         
 長峰神社        
 光明寺        
 照里神社        
 石碑    常盤村道路元標    
         
 上水澤神社    神明神社    七福神
         
 庚申塔道標        飯笠山神社
 右のさハ 左とがり        
飯山街道
越後新井 富倉峠 飯山
新井道標  右 善光寺 左 飯山道
秋葉神社 鳥坂村道路元標 正念寺
新井観世音
馬頭観音 諏訪社
大国主命
石仏 頭部欠損
 菓成寺    願生寺    夜泣き地蔵
         
天皇社 馬頭観音 馬頭観音
         
神明社 石碑
         
 浄円寺    馬頭観音    石碑
石碑 八王子神社 関止碑
         
 石碑        
         
 野趣味の地蔵    国境の石仏群    
 石碑        馬頭観音
 冨倉神社        
 石仏群        
冨倉そば
 オオヤマボクチをつなぎとして使用
柳原村道路元標 関屋庚申堂
石碑 涌井石碑
冨倉峠~冨倉 ソブの池
 この分岐から冨倉集落へは通行不能
冨倉ー大将陣ー上新田は、「県新道」と呼ばれていた。明治10年に現在の冨倉峠道が懐中した。
 大将陣跡馬頭観音    石垣    
  旧冨倉峠        
 冨倉峠        
 明治10年開通した峠
         
富倉峠 大将陣跡分岐 峠の古道
庚申塚
馬頭観音 石仏 石碑
石碑 大日堂
地蔵様 富倉峠方面 素盈鳴社
相撲塚 馬頭観音道標 台座に「左たかだ」と刻む
弁天島石仏群
弁天島
  諏訪社 諏訪社
       
  庚申塔道標 庚申塔道標
   台座に 左たかだ 右とかりと刻む    
柳原道標
←冨倉ヲ経て新居町に至ル ↓飯山町ニ至ル →南条を経テ外様村ニ至ル 市ノ口稲荷社
英岩寺地蔵様
一里塚跡 地蔵様
   
市神社
下水内郡飯山町道路元標
  善覚寺
     
       
  本学寺
    飯山藩処刑場跡
   
         
綱切橋にて、谷街道と分岐する
 九兵衛地蔵
       
  石碑
    道標
 東 →飯山町ニ至 ←豊井村へ
   
         
  地蔵様 石仏群
   馬頭観音    
  道標
 東 →飯山町 ←豊井村
       
  静観庵
   六地蔵    
         
  筆塚
    石仏群
   
  馬頭観音
    石仏群
   馬頭観音
         
  馬頭観音
    筆塚
    馬頭観音
         
  石仏群
       
 
       
  道標
        馬頭観音
 
 豊田 上今井 豊野 三才 徳間
石仏群 道標
  永江道標
   
      左ぜんかうじみち 右とがくしみち    
  八幡宮
    延命地蔵菩薩
   馬頭観音
  馬頭観音
    馬頭観音群
   
         
  馬頭観音群
       
  石仏群
        下水内郡豊井村道路元標
         
  筆塚
    馬頭観音
    馬頭観音
         
 古道の道筋    踏切から長野側5mまで道筋が遺る    
  北ムラのお地蔵さん
   古道の道筋に遺る地蔵様    
  馬頭観音
   乗馬している石仏    
  筆塚
    馬頭観音
   
         
  馬頭観音
   道筋は飯山線の踏切を横断    
         
  上今井諏訪神社
       
  西迎神社
        馬頭観音
         
  蚊田明神社 馬頭観音群
       
  馬頭観音群
       
 久々里姫社
       
  一里山石仏群
     
  諏訪神社
    石碑
   石仏
         
  大倉道標
   右ハ飯山道 左ハ牟礼 針木道  
         
 
 庚申塔        
  宝蔵院
   十王像    
  正見寺
       
 コレラ病死供養塔
     
   
  地蔵様
石仏群
         
 神田の一里塚跡
 石仏群
   欅の大木切株?    
  小瀬馬頭観音
    小瀬神社
   
         
  馬頭観音
       
  石仏群
   馬頭観音     馬頭観音
         
  伊豆毛神社
       
  柳原寺
       
  地蔵様
        馬頭観音群
  豊野観音堂
       
   
          神代宿御番所跡
  神代宿道標
       
   是ハ善光寺みち
 これより右せんく王うしみち
   設置の角度が間違っているのでは    
  円徳寺
       
経塚跡 諏訪神社
         
   
 石村道標 石村南の道標
    石の地蔵尊
   石村道標 石村北の道標
  右 飯山 中野道 左 山道         右長秀院道 左山みち
         
 
       
  桃源院
       
  三才諏訪神社
       
   
 三才道標        
  右善光寺        
         
 徳間新町宿道標   右 飯山 中野 渋湯 草津 道
左 北國往還
   

コンタクト

top↑ 

top↑